【自宅でカフェの味】元仕入れプロが教えるアイスコーヒーに合うコーヒー豆の選び方

f:id:sakurairo270:20190829201340j:plain

こんにちは。まだまだ暑い日が続いていますね💦。こんな時は、すっきりアイスコーヒーでもいかがでしょうか?

お手軽なリキッドコーヒーも売っていますが、せっかくなら専門店のような美味しいアイスコーヒーが飲みたい!それには、コーヒー豆から淹れるのが一番です!

といっても、コーヒー豆って種類がたくさんあって、アイスコーヒーに適した豆がよくわからない・・ってことも多いのではないでしょうか。今回は、元食品部飲料担当の経験から、アイスコーヒーに合う豆を選ぶコツをご紹介したいと思います!

 

アイスコーヒーに向いているコーヒーって?

実際のところ、人それぞれ好みがあるので、万人に向けて「これだぁっ!!」というのはありません(^_^;)。でも、一般的にアイスコーヒーにはこんな豆が向いているといわれているポイントがあります。

 

ポイント1:標高が高い産地のコーヒーを選ぶべし

コーヒーは、焙煎された状態を目にすることが多いため、ピンとこない方も多いかもしれませんが、れっきとした農産物です。世界各地のコーヒー農家さんや農園さんによって、美味しいコーヒーが日々栽培されているわけです。

f:id:sakurairo270:20190831115229j:plain

コーヒーの産地は、赤道直下のいわゆる「コーヒーベルト」と呼ばれる熱帯、亜熱帯のエリアに集中しています。アフリカから中南米まで、かなり暑い国💦という印象が強いですが、実はコーヒーは暑すぎると育たないため、暑い国の高地で栽培されていることがほとんどです。

国によって違いはありますが、大体、標高700m ~ 2,000m あたりで栽培されています。このように、基本的に高地で栽培されているコーヒーですが、アイスコーヒーの場合、特に標高の高い土地で育ったコーヒーがおすすめです! 

 

ポイント2:深煎りを選ぶべし

アイスコーヒーには、深煎り豆を選ぶのがおすすめです!

アイスコーヒーは、基本的にホットコーヒーを氷で冷して作りますが、焙煎が浅いと酸味が出たり、味が薄くなったりしやすいのです(>_<)。

また、温かい状態では感じられる味わいも冷たくすると鈍く感じられるため、冷やしても苦みとコクが出る深煎りのほうが美味しく淹れやすいわけですね。

ポイント1の「標高が高い産地を選ぶべし」、実はこの深煎り焙煎が理由です。標高が高い産地の豆のほうが深煎りに適しているのです。

f:id:sakurairo270:20190829202119j:plain

山に登ったことのある方はわかると思いますが、山の上のほうって昼と夜で体感温度が違いますよね?

高地で育ったコーヒーは、昼夜の寒暖差が大きいため、豆が硬くなり、味が凝縮されるといわれています。つまり、高地産のコーヒーは、深いローストにも耐えられるというわけです。低地のコーヒーだと、焙煎で割れてしまったりするんですね。

 

結論:アイスコーヒーに向いている豆は・・

【高地産まれのコーヒーを深めに焙煎したもの】

大体、フレンチローストあたりがおすすめの焙煎度です。挽き方は、中細挽きを選ぶとよいでしょう。

 

 ポイントを押さえて、アイスコーヒー豆を選んでみよう

カフェオレにもおすすめ!インドネシアのマンデリン

標高が高い産地として有名なインドネシアのマンデリンなどいかがでしょう?

酸味が少なく苦みがある味わいが特徴のマンデリンは、アイスコーヒーにぴったり!
深めの焙煎で飲まれることが多く、ホットでもカフェオレでも美味しいですよ☕。

どうでもいい話ですが、“カフェオレ”と入力するとよく“カフェ俺”と変換される不思議(笑)。。カフェにいる俺 σ(゚∀゚ )、みたいな?

 ちなみに、G-1というのは、マンデリンの等級で一番いいグレードのコーヒー豆を指します。

 

バランスに優れたグアテマラ・カペティロ農園

バランスのよいコーヒーを生み出す産地・中米のグアテマラもおすすめ!

グアテマラでは、主に8つのエリアでコーヒーが栽培されているのですが、最も有名なのが、標高1,500m以上の高地にあり、優良農園が多くあるアンティグアというエリアです。

日本ではそれほどメジャーではないかもしれませんが、実はアンティグアは町全体が世界遺産に登録されているので、観光地として知っている方もいるかもしれません。

アンティグアは、標高が高い所にある上、3つの火山に囲まれており、土壌が肥沃なため、高品質なコーヒーができるのです。 

  そんなアンティグアにあるカペティロ農園をベースにブレンドした『カペティロアイスブレンド』は、まさにアイスで飲んでほしいコーヒーですね。

 

深煎り好きのためのフレンチブレンド

単一農園や単一産地のコーヒーもいいですが、普段あまりコーヒーを飲まない方には、ちょっとハードルが高く感じられてしまうかもしれません。

そんな時にはプロによるブレンド(つまり、色々なコーヒー豆を目的に応じて混ぜ合わせたもの)がおすすめです! 

 アイスコーヒーや深煎りで美味しく飲めるよう、プロが豆をセレクトし、ブレンドしてくれたコーヒーなら、安心してトライできますね。

 

色々試せる福袋で好みの味を探すのも◎

 自分の好みがよくわからないうちは、いくつか試せる福袋などもおすすめです。こちらは、深煎りコーヒー3種類のブレンドが200g ずつ試せるお得な福袋! 

コロンビアをベースにした『ヨーロピアンクラシックブレンド』『インドネシア・マンデリンゴールドコーヒー』、ブラジルをベースにした『スペシャルティブレンド・エスプレッソコーヒー』、いずれもフレンチローストでアイスコーヒーにぴったり!

特製チョコレートブラウニーのおまけ付きなのが嬉しいところ! 

 

以上、アイスコーヒーに合う豆の選び方でした!
少しでも参考になれば幸いです。