【二層カフェオレ】カフェみたい!ツートーンがお洒落なセパレート・アイスカフェオレの作り方

f:id:sakurairo270:20190914203451j:plain

 こんにちは。前回まで、アイスコーヒーの作り方についてご紹介してきました。

アイスコーヒーってそのまま飲んでもスッキリ美味しいのですが、ミルクを入れてカフェオレにすると、また違った味わいが楽しめますよね!

もちろん普通に作ってもいいのですが、今回は、カフェで出てくるようなコーヒーとミルクがキレイに二層になった「セパレートタイプのアイスカフェオレ」の作り方をご紹介したいと思います!

ちょっとしたコツさえ押さえれば簡単にできますよ(*^_^*)。

 

セパレート・アイスカフェオレの作り方

用意するもの

【材料】
・アイスコーヒー
・牛乳
・砂糖(ガムシロップでもOK)
・氷

 

作り方

1)アイスコーヒーを作ります。

f:id:sakurairo270:20190910110954j:plain

水出しでもドリップでも、お好きな方でどうぞ。

ドリップで淹れる急冷式アイスコーヒーの作り方はこちら ↓↓

水出しアイスコーヒーの作り方はこちら ↓↓

2)グラスにお好みの量の砂糖を入れます。砂糖が溶ける程度の少量のお湯を注ぎ、溶けるまで混ぜます。
ガムシロップがある方は、ガムシロップを入れてください。その場合は、お湯を入れて溶かす工程は省いてOKです。

3)牛乳を注ぎ、混ぜます。

4)氷を多めに入れます。氷が牛乳から顔を出すくらいの量を入れましょう。

5)氷に向かって、少しずつ、ゆっくりとコーヒーを注いでいきます。
牛乳ではなく、氷の上を狙って、コーヒーを当てるように、そっと注いでいきましょう。

f:id:sakurairo270:20190914165515j:plain

出来上がり!

コーヒーと牛乳の割合は、ちょうど半々くらいです。濃さはお好みで調節してください。

 

ポイント

牛乳を先に入れよう!

なぜ二層になるのか??というと、コーヒー☕と牛乳🥛の比重が違うからなのです。
コーヒーの方が、牛乳よりも軽いため、この性質を利用して、<コーヒーを上、牛乳を下>に配置することで、二層にしていきます。

牛乳の方がさらに重くなるように、糖を加えておくと、よりキレイに層が分かれるので、砂糖やガムシロップを加えておくのがおすすめです。

甘いカフェオレが苦手な場合は、無糖でも二層にすることはできますが、糖分を加えた場合と比べると、少しコーヒーと牛乳が混ざりやすくなるので、慎重に作りましょう。

氷は牛乳のあとで、多めに入れよう!

氷がないと、コーヒーを注いだ時に、分かれることなく、すぐ混ざってしまいます💦。

また、氷の表面に牛乳がついていても、混ざってしまうため、牛乳をグラスに注いだ後で、はねないように気を付けながら、そっと氷を投入しましょう。

氷は、必ず牛乳の表面から数個出るくらいの量を入れます。

 

コーヒーは、氷に向かって、ゆっくり注ごう!

牛乳の部分にコーヒーを注ぎ入れると混ざってしまいますので、牛乳から顔を出している氷に向かって、ゆっくりとコーヒーを当てながら注いでいきましょう。

また、勢いよくドバっと注ぐと、やはり混ざってしまいますので、コーヒーは細くゆっくりと静かに注いでいきましょう。

 

こんな感じで、ポイントを押さえれば、特別な道具は必要なく、ツートーンがお洒落な二層のアイスカフェオレが作れます!

おうちでカフェ気分が味わえるほか、おもてなしにも、おすすめです!

f:id:sakurairo270:20190910111548j:plain

 もし失敗したら、その時は普通にアイスカフェオレとして頂きましょう!
これはこれで、美味しそう(笑)。というか美味しいです😋。