【中尊寺ランチ】マイペーススタイルのわんこそばを食べてみたらいい感じだった ♪

中尊寺でランチを食べよう!

中尊寺を参拝して、お腹が空いてきました。

ちょうどお昼時、何を食べようかな~と思案していたところ、月見坂の途中で茅葺屋根がいい感じの蕎麦屋さんを発見!

「わんこそば」の文字があるじゃあありませんか!

かの有名な岩手名物・わんこそば

さっそく、こちらの『そば処義家』さんに入店です。

小上がりとテーブル席があり、小上がりに案内されました。

和室は落ち着きますね~(´▽`) 。 

 

  

わんこそば初体験!

わんこそば一重(¥1,100)を注文しました。
わんこそばって結構お高いイメージがあるので、お手頃価格なのがうれしいです!

f:id:sakurairo270:20180726110745j:plain

やってきました!

こんな風に12椀にひと口分の蕎麦がスタンバイされた状態で提供されます。

二重を注文すると、これにもう一段つくわけですね。

実は、こちらのお店に入ることにしたのは、表のメニュー写真を見て、この形で提供されることがわかっていたからなのです。

わんこそばというと、食べたそばから、じゃんじゃんと入れられ、食していくという自分の限界に挑戦!的アスリートスタイルのイメージなのですが、食べるのが遅いことに定評がある身としては、とてもアスリートスタイルわんこに挑戦する気にはなれません(>_<)。敗北が目に見えてますから(T_T)。

平泉のわんこそばは、「盛り出し式」といって、決まった量が一度に出てくるスタイルなのだそうです。

これなら、自分のペースで食べられますね。ありがたい(*^▽^*)。

f:id:sakurairo270:20180726133826j:plain

大きなお椀にひとつずつ蕎麦を入れて頂きます。

とろろとなめこ、ねぎ、のり、山菜など、薬味も色々あるので、味変しながら食べられるのが楽しいです(*^▽^*)。

小高い坂にあるお店なので、お座敷の窓から外を眺めていると、坂を上ってくる人、下りる人、そのままお店に入ってくる人もいたりして、マイペースわんこを頂きながら、中尊寺境内の風景をのんびりと楽しむことができました。

蕎麦のお味は、つるっと食べやすく、美味しい蕎麦でした。

ゆっくり自分のスピードで完食!

平泉の「盛り出し式」わんこの存在を知らなかったので、自分にはわんこそばは無理かな~と思っていたのですが、思わぬ形で食べられて「ありがとう、平泉!」です。

わんこそば特有のイベント性はないですが、小食さんやアスリートスタイルが苦手な方には、マイペースわんこ、いいと思います👍。

最後に蕎麦湯を頂いてほっこり(´▽`) 。

ごちそうさまでした😋。